クリエイターズマーケット Vol.50に初参戦!

イベント

東海地区最大級のアートイベント”クリマ”は熱かった!

僕は関東に住んでいるため「ワンダーフェスティバル」や「デザインフェスタ」などの関東のイベントは比較的行きやすいのですが、西日本のイベントは遠くてなかなか行けません…😭 でも今回「クリマVol.50」への参戦を決めたのは、ある強い目的があったからです🤔 思っていたよりも遠くて、色々と大変な思いもしましたが、大満足な1日となりました🥰 まず、6/21(金)の夜に仕事を終えて一旦家に帰って支度をしてからいざ出陣!当初は新幹線で行こうと計画していたのですが、どうやら終電の問題で名古屋に前乗りできないことが分かり、ちょっと軽い気持ちで車で向かうことに…、これが予想外に遠くて😭 東名高速で先を急ぐ中、週末ということもあり大型トラックの群れが出現😵 KUCHIGOの群れに出会う前にトラックの群れ…いらねー😭 あ、もう言っちゃいましたけど、今回の旅の目的はUNKNOWNさんの”KUCHIGO”なのです。しかも愛知限定カラーが出るということで遠征を決めたのでした😊 結局、会場の”ポートメッセ名古屋”に着いたのは午前2時😵 眠すぎて3時くらいまで仮眠をとってから、会場に向かうと…既に10名くらいが並んでいました😵😵 デザフェスですら5時~並ぶのに… 早すぎる😵😵😵しかしここで早くから並んだことがミッション達成につながるのです😊

今まで僕が参加してきたイベントは入口は1つで入場すると自由に行動… という感じでしたが、このクリマに関しては僕としては珍しいルールと流れでした。まず会場の外に並ぶ時は1つの入口に対して列を成していきます。今まで経験したパターンですと会場とともに入場して自由に動き回る… 効率よく自分の好きな作家さんのブースへ次々と移動していくイメージでした。今回のクリマの開場時間は11時。当然ここから入場となるかと思いきや… なぜか8時くらいに一旦、扉が開き、建物内へ進みます😯 すると、左右に通路が分かれてその先にそれぞれ会場の入り口がありました🤔 つまりこういうことです。外で並んでいるのは飽くまで建物内に入る順番、本当の入場順は各会場前ということです😯 それはすなわち…「2つの会場のうち、あなたはどっちを選びますか?」ということです😵 なんて新しいシステムなんでしょう😵😵 まあ… でも僕の目的は1つなんで問題はないんですけどね🥰 しかし、面白いシステムですよね~🤔 万が一欲しい作家さんが別々の会場だったら、どっちかを諦めなければならないんですから… ある意味、過酷なイベントなのかもしれません…

今回、大変な遠征とはなりましたが、ミッションコンプリート!しかも今回はKUCHIGO一筋だったため、かなりじっくり吟味して色々とお迎えすることができました😊 ワンフェスとかデザフェスはバタバタしすぎですからね😅 今回の遠征の最大の目的は「レオパードカラーのKUCHIGO」です!写真の左側のソフビのKUCHIGOです🥰 いや~名古屋まで行った甲斐がありました🥰🥰 UNKNOWNさんにサインもいただき大満足😊 実は色紙にサイン貰うの人生で初めてなんですよね😅 かなりドキドキしました😅😅 ソフビ以外にも箱に入っている新たな仲間たちもお迎えして自宅がKUCHIGOの生息地になっています🥰

貴重な新種”レオパード”です🥰 今回の旅の最大の目的であり、今までのカラーとはまた大きく違った魅力がたくさん詰まった作品だと思います🤔 まず… イチゴなのにヒョウ🤣 ヒョウを食べたのかな?🤔 冗談はさておき、ゴールドの果実にヘタ?部分がダークブラウンの組み合わせが高級感というか重厚感があって本当に良い🥰 その高級感とヒョウ柄が凄くマッチしている気がします。しかも「アレ」も専用カラーが用意されていて、本体同様にツヤ感があることでアレを付けたKUCHIGOという存在を遥かに超越した存在に見えます😯 なんか美味そう😋 高級洋菓子みたいにも見えてくる🤔 「食べるのはヤダー」って言ってそう🤣 そしてヒョウ柄がKUCHIGOの下半分にのみにある点もUNKNOWNさんのセンスを感じますね~。ヒョウ柄がヒョウっぽくしているのではなく、全体のカラーの組み合わせ、または1つ1つのカラー自体が既に”レオパード”。ヒョウ柄でダメ押しって感じでしょうか? 名古屋に行って本当に良かったです🥰

2つ目の戦利品はKUCHIGOのダークカラーです。ダークチョコレートかな?美味そう😋 (食べることしか考えてないみたい🤣) さてさて、まじめにコメントします😅 割とおとなしめなカラーでありながら、強烈なインパクトを発するダークKUCHIGO。最大の特徴はヘタ部分の「ライトグレー」の配色だと思います🤔 今までのKUCHIGOは全て「自然に存在しそうな有機的な色味」だっだと思うのですが、このダークに関しては「冷たさ」「恐ろしさ」みたいな雰囲気を持っています😱 それはゾンビ的なイメージが比較的合うのかと思いますが、血が通っていない異世界の生物感がまた新たな魅力になっていると感じます🤔 またKUCHIGOと言えば「舌」ですね~。今回はパープルの舌なのですが、表面が白くなっていてツヤ感もリアル😱 ぬちゃっ!としてる~😱😱 それを含めてキモカワKUCHIGOの魅力なのです!ちなにみアレはマッドな仕上げのブラックになっていて、これまたダーク専用仕様となっています。ですが… アレはどのKUCHIGOの頭にも付くので専用カラーですが、専用ではない…🤣 (クリアVersionのみマグネットがない仕様ですのでアレが付きません)

ソフビではありませんが、可愛すぎるKUCHIGOを狩ってきました😊 なんとまあ… 名前の通りに”ユル”い🤣 遠慮がちに座っている感じが何とも可愛く、見ていて吹き出してしまいそう🤣 ソフビほど大きくはないんですが、このサイズがいいですね😊 写真では分かりにくいかもしれませんが、ガチャフィギュアくらいと思っていただければサイズ的に近いかと思います。さあ、このユルKUCHIGOは今後どのようになっていくのか?立ち上がるのか?ゴロンと寝るのか?それとも新たに違うKUCHIGOが出現するのか?楽しみが増えました😊

元祖KUCHIGOとはいっても常に新しい種類が生み出されています😯 今回は「頭が尖ったダークKUCHIGO」と「プリンを持って喜んでいるKUCHIGO」をお迎えしました🥰 大きさは小さいのですが繊細に作られていて、専用のふた付きケースもついてきます。しかもそのケースの中には芝が敷いてあるというこだわりが詰まったKUCHIGOボックス😯 このボックスの中にKUCHIGOを入れて眺めているだけで癒されてしまします🥰 僕は歯の矯正なしモデルが好きなので、ソフビ同様、元祖についても矯正なしを選びました。まず、プリンを持っているKUCHIGOですが、プリンが好きなのか?自分もプリン色になっているところが可愛いですね~。しかも自分にもカラメルソースがかかってんじゃん… もう完全にプリンになっている🤣 一方、ダークKUCHIGOはソフビ版と少し異なり頭が長細いタイプ。でもゾンビ感は凄く出ていますし、頭が細いことでエイリアン感もあり恐ろしい感じがします… キャー😱 KUCHIGOはカラーバリエーションだけでなく、色んな雰囲気を持っていてそれぞれが個性を持った別々の存在に思えるところが大好きなのです🥰

因みに、帰りは眠すぎて寝ながら帰ったので、その日のうちに家に着きませんでした😱 そして仕事が忙しくて記事を書くのが遅くなりましたが、クリマVol.50は6/22(土)・6/23(日)開催で、僕は6/22(土)の1日目に行ってきました。次のイベントは… ワンダーフェスティバル!しっかり準備していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました